AUTO-MOD (1997-) HISTORY

HISTORY

1996年11月3日の新宿LOFTのライブで活動を停止したAUTO-MOD1999の後、GENETの音楽活動は一時停止してしまう。そして暫しの後、1997年10月の新宿LOFTのオールナイトイベントにてGENETソロ名義で出演するはずであったところを「AUTO-MOD」名義と表記されてしまい以降、うやむやとなる形で遂にGENETは本来の自身の姿、AUTO-MODの名の元に活動を再開することになる。

再結成直後はGENETとDORAによる打ち込み主体のサウンドであったが、その後バンド形態となり打ち込みは廃止された。しかし、その音楽は以前とは全く違った、インダストリアルな暗黒ヘビーロックの道を辿り始めた。GENETのヴォーカル・スタイルもデスヴォイスや低音域のシャウトの多用が特徴となり、自らのサウンドを「ダークオルタナティブ」サウンドと名乗りだす。

その後、メンバーの変遷を経て、やがてGENETはクラブにおけるアンダーグラウンドイベントの可能性を目指し、2001年より『TOKYO GOTH & DARKWAVE』を立ち上げる。2003年には『TOKYO GOTH & DARKWAVE』はAUTO-MOD単独主催による『TOKYO DARK CASTLE』と名を変え、GENETのプロデュースの下、今に至り、2015年6月には『TOKYO DARK CASTLE』開催が100回に達した。

また、2012年からは『時の葬列~方舟の章』と題して、伝説の名を冠したシリーズギグを再開。SADIE SADS、SODOM PROJECT、MADAME EDWARDA、Z.O.Aや灰野敬二といった豪華なゲストを迎え活動も行っている。


MEMBER

VOCAL : GENET
GUITAR : YUKINO ⇒ GOH! ⇒ SHOW ⇒ オギー ⇒ YUKINO
BASS : MASA ⇒ HIKARU
DRUMS : 浜一輝 ⇒ DAISUKE ⇒ NAOKI ⇒ TELL ⇒ 多時
MANIPULATOR : DORA (1996-1999)